乳幼児の視点と大人の視点。月日とともに転じる製品と変わらない製品。

昔に見ていた様子が、大人になってから違って思えることはよくあることだ。様子に関してもそうですが、つい先日感じたのは、とある映像を観たときのことでした。昔に何度も繰り返し観た有名なコミック映像についてです。TVで何度も番組されたもので、キャラクターはもちろんあらすじまで敢然と覚えている映像でした。昔には、ヒーローのお子さんと同じような視点でその環境に入りこみ、至極びっくりのを覚えています。まるっきり自分が体験しているといったソワソワ気分があり、お子さんながらにお気に入りの映像でした。そしたら日時がたち、過日その映像が久しぶりにTV放映されました。ボクがお子さんを持ってから観るのは初めてのことです。わが方と共に観ていると、自分が昔に感じた意見はまた違う意見をしている自分に気が付きました。完全なる親照準になっていました。わが方と間近い歳のお子さんが登場し、泣いて笑って色んな体験をするのですが、笑うシーンはもちろん、涙するシーンではわが方に重ねてしまい一緒に泣いてしまったのです。アニメや書籍も同じようなものですね。昔に感じたことが、大人になると違うもらい方をすることが多いです。よく理解できなかった構造が、理解できるようになることもあります。通りなどの様子は、日時が経つにつれ調整が高いものです。ただし、映像やアニメなど構造が固定されておる雑貨に関しては、日時が経っても構造自体が変化することはありません。意見や傾向ほうが歳によって変わっていくのもまた、楽しい現状だと感じました。ワキの脱毛サロンで安いのは?

乳幼児の視点と大人の視点。月日とともに転じる製品と変わらない製品。